3時間後

当寺では三宝の松の跡地に砂を敷いて熊手で半円の模様を描いています。3日(土)も早朝描きましたが、3時間後には土曜学校生の格好の遊び場となり綱引きが始まりました。「仕方ない。砂地なら安全だし、子供たちも綺麗な所で遊びたいだろうから・・」とつぶやいていると横から坊守が「達観しましたね。そろそろ先が見えてきているのでは・・」。これどういう意味?

 

先月の秋彼岸・永代経の法要でご講師が当寺としては比較的若い人が出席する夜の席ではipadを使って聴衆を巻き込んで大いに盛り上りました。法座もどんどん変化しています。初めて出席した数名の方が次回も聴いてもらえるかなと密かに期待しています。

 

境内ではフヨウ、シュウメイギクが満開です。