あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます。皆様お健やかなお正月をお迎えのことと存じ上げます。清立寺では昨年2月に若院が結婚し、続いて次女に女児が授かり、明るく賑やかなスタートを切りましたが、お盆に境内の”三宝の松”が松食い虫に侵されていることがわかり、いろいろ手を尽くしましたが、とうとう12月24日伐採いたしました。樹高7.5㍍・周囲2.2㍍ある寺のシンボルの松でしたので残念でなりません。その上40年に亘りご指導頂いた恩師の信楽先生がご往生され、まさに”まさかの坂”を歩んでいると実感させられました、悲喜こもごもの一年でありました。

今年は「私が遭遇する苦難・悩みに対して決して逃げることなく他人の所為にしないで、”すべては自分の注文したところの自分の人生だ”と思いとると同時に、親鸞聖人が明らかにされた釈尊の教えを支えに生きてゆけ」という信楽先生のおことばをしっかりと受け止めて歩みたいと思います。

本年もよろしくお願い申し上げます。