2017年

1月

02日

あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます。

本年もよろしくお願いいたします。

昨年10月内孫第二子(男児)が誕生し、一段と賑やかになりました。

孫娘は1歳8ヶ月、まだ片言の話しかできませんが大人の言うことはほぼ理解しています。口よりも耳が先なのですね。

おうよそ2300年前に「口は食べること、話すことの二つの機能をもっているのに一つしか無い、耳は話すという機能が一つしか無いのに二つある。どういうことか?」と疑問に思った人がいます。古代ギリシャの哲学者ゼノンという方です。「自分が話す二倍、相手の言うことを聞きなさい」ということですと言っておられます。今年は「聞く」ことを大切にしていきたいと思います。

0 コメント

2016年

10月

08日

石仏

はや10月。今年ほど天候不順な年を経験したことはありません。多くの方々が被災され、尊い命が失われました。心よりお見舞い申し上げます。

玄関先のウバメガシ(バベ)の根元に可愛い合掌姿の石仏が鎮座しています。毎日眺めては癒やしてもらっています。

先日、草抜きをしていましたら訪れた方が、「それ○○という草ですね。秋の草ですね」と言われました。雑草を見て季節を感じておられます。私は植物の名前に疎くてすぐに名前を忘れてしまい、その上、雑草を「抜く対象」にしか見ていなかったことに気づかされました。こういうことを「一水四見」というのでしょう。学ぶことがいろいろあります。

0 コメント

2016年

4月

02日

希望に満ちたかどで

希望に満ちた門出をお祝いするかのように境内の桜は咲き乱れています。

「ありがとう ありがとう 今日の出会い」。

新しい出合いを大切にしていきたいものです。

 

0 コメント

2015年

12月

16日

落葉

温暖化のせいか、境内のイチョウも師走に入りやっと黄葉し、先日の強雨風から散り始めました。黄葉の境内は黄金を敷き詰めたようにも見え、報恩講参りの疲れを癒してくれています。ただ境内に散るのはいいのですが、風の向きではご近所に迷惑をかけています。できるだけ西風が吹かないようにと願うばかりです。

0 コメント

2015年

10月

04日

3時間後

当寺では三宝の松の跡地に砂を敷いて熊手で半円の模様を描いています。3日(土)も早朝描きましたが、3時間後には土曜学校生の格好の遊び場となり綱引きが始まりました。「仕方ない。砂地なら安全だし、子供たちも綺麗な所で遊びたいだろうから・・」とつぶやいていると横から坊守が「達観しましたね。そろそろ先が見えてきているのでは・・」。これどういう意味?

 

先月の秋彼岸・永代経の法要でご講師が当寺としては比較的若い人が出席する夜の席ではipadを使って聴衆を巻き込んで大いに盛り上りました。法座もどんどん変化しています。初めて出席した数名の方が次回も聴いてもらえるかなと密かに期待しています。

 

境内ではフヨウ、シュウメイギクが満開です。

 

0 コメント

2015年

8月

19日

お盆・盆踊り

8月16日午前9時30分より法要、勤行・若院の法話のあと八十場の清水屋さんの生ところてんの接待、午後7時30分より盆踊り。そろいのTシャツで登場した土曜学校生のダンスに始まり、ドンパン節・一合まいた・島おどりなどを5名のベテランの方々の指導をうけながらおどり、1時間30分があっという間にすぎました。島踊りは年1回では会得がなかなか難しく、毎年中途半端で終わってしまいます。

お盆は盂蘭盆経に基づく行事ですが、目蓮尊者の母親の「自分の子供を愛するがゆえに他人の子供に対して物惜しみし、自分の子供さえよければいい」とゆがんだ人生を歩んだ姿はまさしくこの私だと教えていただいています。他人事ではありません。


0 コメント

2015年

8月

11日

残暑お見舞い申し上げます

朝夕は少し風が出て暑さも和らぎますが、日中はまだまだ猛暑が続いています。みなさま如何お過ごしでしょうか?

毎日境内の植物たちへの水やりに精を出しています。そんな中、あじさいが一輪咲いています。この異常気象であじさいも季節がわからなくなったのでしょうか。

0 コメント

2015年

7月

27日

暑中お見舞い申し上げます

四国地方もようやく7月24日に梅雨が明けました。猛暑が続いていますが、みなさまお変わりございませんか。

今年は例年になく多くの台風が発生し、日本列島に接近・上陸し、大きな被害をもたらし、尊い命が奪われました。被災されたみなさまに心よりお見舞い申し上げます。

我が家ではこの猛暑で人間・犬・猫たちはかなりバテていますが、雑草を含む植物たちは元気よく生長し、睡蓮も次から次へと花を咲かせています。

そんな中、4月に誕生した内孫の日々成長する姿を見て、思わず感動し、元気をもらっています。この調子だとこの夏を何とか乗り切れそうです。

久しぶりにブログに投稿し、画像の編集を試みておりましたら、誤って削除キーを押してしまい、これまでの記事すべてが消えてしまいました。幸い、大三島の娘夫婦に教えてもらい何とか復元できました。感謝!感謝!

0 コメント

2015年

7月

26日

境内の睡蓮です

0 コメント

2015年

1月

22日

「鶴瓶の家族に乾杯」の反響

この度の”鶴瓶の家族に乾杯”にいろいろ反響がありました。同窓生からは「紅ミカンを独り占めにしないで、農協に特許権を譲るという普及活動に感動!」というメールをもらいました。ご本人の話では最初、地元の農協・県の経済連とが合同で普及活動のため三越デパートで売り出したところ、1日目は一個も売れず2日目から少しずつ売れ出し数日後には完売したそうです。こういうことは個人の力では限界がある、解放して皆に作ってもらうことが大事だとのことです。そういえば最近トヨタも燃料電池システムの特許をすべて解放しましたね。何事にも普及には個人の利益に固執してはいけないと発信していますね。同感です。

0 コメント

2015年

1月

14日

報恩講法要

昨年暮れの本堂仏具のおみがき、除夜会、5日からの報恩講法要の準備、8日9日の報恩講法要、そして隣寺3ヶ寺の報恩講法要への出勤とお正月の主な行事が13日に終了しました。ほっと一息つけます。でも本堂のお荘厳は親鸞聖人のご命日16日までそのままです。当寺には嘗て廃寺になった2ヶ寺のご本尊が安置されています。

2015年

1月

06日

お知らせ

1月12日・19日のNHK”鶴瓶の家族に乾杯”に我が坂出市が登場します。1日目は”さぬきうどん”が2日目は”小原紅早稲みかん”が紹介されます。2日目の登場者は清立寺の門徒さんです。愉快な明るい女性も登場しますので是非ご覧ください。

2015年

1月

06日

あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます。皆様お健やかなお正月をお迎えのことと存じ上げます。清立寺では昨年2月に若院が結婚し、続いて次女に女児が授かり、明るく賑やかなスタートを切りましたが、お盆に境内の”三宝の松”が松食い虫に侵されていることがわかり、いろいろ手を尽くしましたが、とうとう12月24日伐採いたしました。樹高7.5㍍・周囲2.2㍍ある寺のシンボルの松でしたので残念でなりません。その上40年に亘りご指導頂いた恩師の信楽先生がご往生され、まさに”まさかの坂”を歩んでいると実感させられました、悲喜こもごもの一年でありました。

今年は「私が遭遇する苦難・悩みに対して決して逃げることなく他人の所為にしないで、”すべては自分の注文したところの自分の人生だ”と思いとると同時に、親鸞聖人が明らかにされた釈尊の教えを支えに生きてゆけ」という信楽先生のおことばをしっかりと受け止めて歩みたいと思います。

本年もよろしくお願い申し上げます。

2014年

6月

15日

ホームページが新しくなりました

お久しぶりです。昨年どうしたことかホームページが更新出来なくなり、しばらくお休みしていました。先月、娘婿殿(大三島・万福寺若院)が拙寺の降誕会法要の講師として来寺のおり、更新の相談をすると万福寺さんのホームページに立ち上げてくれました。ずいぶん見やすくなり、それをそのまま使わせてもらうことにしました。ありがたいことです。 これから折にふれブログを更新します。

昨日から、にわか庭師となり境内の五葉松を剪定しています。たまたま訪れた総代さんが普通の剪定ハサミを使っているのを見て、剪定ハサミもそれぞれ用途があること、そして剪定の忽を教えてくれました。早速、松用のハサミを購入して作業を進めていますが・・・。まあ、数年後には見栄えのある五葉松になると思います。境内には色とりどりのアジサイが咲き始めて、訪れた方々を癒してくれています。

続きを読む

四季折々(清立寺のブログ)